×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性に役立つ車情報サイト
TOPへ バッテリー バッテリー交換格安方法

 

寿命でバッテリーが上がってしまったら、バッテリー交換をしなければいけませんが、最低でも1万円はお金がかかってしまいます。

ちょうど給料日前などのお金のない時、車両入れ替えをすることが決まっていてその車にお金をかけたくない時などあると思います。


そういう時は、ホームセンターなどで売っているバッテリーがオススメです。
一年の保障付きの物もありますが、1年たった頃にダメになるのではと少々不安に思うような物が多いです。

しかし値段は格安です。とりあえずの間に合わせには十分です。

そのホームセンターに車の工場があれば、そこでやってもらえますが、ない
場合は自分で交換しなければいけません。
女性が一人でバッテリー交換をするのは難しいです。専用のケーブルも必要ですし、繋ぐ順番を間違えるとショートする恐れもあります。


その買ってきたバッテリーを無料で交換してもらう方法があります。

残念ながらソニー損保に加入している人限定なのですが、ソニー損保のロードサービスに電話をかけ、バッテリーが上がったこと、交換するバッテリーを持っていることを伝えます。

すると30分くらいで作業に来てくれ、手持ちのバッテリーを交換してくれるのです。

バッテリーが上がった時、普通のロードサービスはジャンピングでエンジンをかけてはくれますが、バッテリーの交換まではしてくれません。

自分が加入している保険のロードサービスの内容を見て、バッテリー交換と書かれていたら、ぜひ利用しちゃいましょう。
私は今のところソニー損保でしか見たことがないのでソニー損保オススメです。


一つ注意しなくてはいけないのが、バッテリーを間違えて買わないことです。

今車に積んであるバッテリーに書いてあるとおりの品番のものを買ってください。 特に最後に書かれているLやRはバッテリーの端子の向きを現しているもので、RなのにLを(LなのにRを)買ってしまうと、端子が逆なので取付できません。