×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性に役立つ車情報サイト
TOPへ 車の故障・修理 エアコンが冷えない

 

夏の暑い日のドライブでエアコンのスイッチをオンにしたのに、車内がちっとも冷えないことはありませんか。
空気口に手を当てみてもぬるい風が出ている、もしくは空調を強めても弱い風しか出てこない。

そんな時は考えられる理由がいくつかあります。
  • エアコンのガスが少ない
  • エアコンのガス漏れ
  • エアーフィルターが詰まっている
  • コンプレッサーの故障
エアコンのガスが少ない
特にどこか破損がある訳ではないのにガスが少なくなっていることはよくあります。 この場合はエアコンガスを補充するだけでいいので数千円で済みます。


エアコンのガス漏れ
ガス漏れの場合はどこかに破損箇所があります。その破損箇所を見つけ出し交換や修理しない限りいくらガスを補充しても漏れていきます。
どこが破損してるかによって金額は変わりますが、ひどい時には数万円かかる可能性もあります。


エアーフィルターが詰まっている
外の汚い空気がそのまま室内に入らないように、エアーフィルターというものが取り付けられています。 空気の汚いところを走れば走るほどフィルターに汚れが溜まり、空気が通過しずらくなっていきます。
エアコンをつけると臭いという場合もエアーフィルターの汚れが考えられます。交換費用は2〜3千円くらいで済みます。


コンプレッサーの故障
エアコンの冷たい風を作るためにはいくつかの機械を使っていますが、コンプレッサー、コンデンサー、ファン、リキッドタンクなどその冷たい風を作るための機械のどれかが故障している可能性があります。
こちらも故障している部位によりますが、数万円かかってしまう可能性があります。