×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性に役立つ車情報サイト
TOPへ 車の故障・修理 鍵をなくした 鍵を壊した

 

鍵がないと車のドアを開けることも、エンジンをかけることもできません。

そのため車を購入すると必ずスペアキーがついてきます。
普段はメインのキーを持ち歩き、その鍵を落としてしまった、無くしてしまった、壊してしまった、そんな時にはスペアキーを使うと思います。


さてメインキーが使えなくても、スペアキーが使える時あなたはどうしますか?

メインキーを作り直す?
スペアキーを使い続ける?

面倒臭がりの人はそのままスペアキーを使い続けるのはではないかと思いますが、一つ気をつけなければいけないことがあります。

それは鍵に刻印してあるIDナンバーを控えておくということです。

そのナンバーさえあれば、鍵は簡単に作ることができますが、もしナンバー控えていない状態でスペアキーまでも無くしてしまうと大変です。


車のほうでもそのIDナンバーはわかるのですが、何しろ鍵を簡単に複製できては困るので、内張りをはがさないと確認できない位置にナンバーは記入されています。

車の内張りをはがすなんてとっても大変で時間のかかる作業です。
ナンバー忘れずに控えておきましょう。


それと鍵屋さんで車のスペアキーを作っている人もいると思いますが、鍵屋さんで作った鍵ではたまにエンジンがかからなくて結局ディーラーで鍵を作り直した人を知っています。

イモビライザー付きの車はもちろんキーのID登録が必要ですし、少しくらい高くてもディーラーで正規の鍵を作ることをオススメします。