×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性に役立つ車情報サイト
TOPへ 車の故障・修理 リコールとサービスキャンペーン

 

車の設計や製造段階を原因とする不具合が生じた場合、メーカーは国土交通大臣にその旨を届け出て、該当する車を無料で修理します。
これをリコールと呼びます


リコールの通知ハガキがくるのは本当に嫌なものですね。
しかしリコールではなく、サービスキャンペーンの通知ハガキが来たことはありませんか? リコールとサービスキャンペーンはどう違うのでしょう。


リコール
装置や性能が道路運送車両の保安基準に適応しなくなるおそれがある状態やすでに適応していない状態の自動車を回収し無料で修理する制度のことです。
原因が設計又は制作の過程にある場合で、国土交通省に届出をします。

そのまま乗り続けていると危険な場合もあり、リコールが発覚したときは一刻も早く修理する必要があります。


サービスキャンペーン
リコールに該当しない場合で、自動車の品質の改善のためにメーカーが無料で修理を行います。

そのまま乗っていても、今すぐに不具合が生じる訳ではなく、近い将来に何らかの不具合が生じる可能性がある場合にする修理です。



リコールの場合もサービスキャンペーンの場合も、その車種や製造された年代によって修理内容が違い、2時間〜丸一日かかる修理の場合もあります。
そのため自動車を製造したメーカーから無料で代車を借りることができます。

リコールやサービスキャンペーンのハガキは、車を購入したディーラーから出されているので、車を買ったあとに引っ越しをして住所を知らせていない場合など、自宅にハガキが届かない場合があります。

リコール情報は各メーカーのサイトで調べることができるので、引越をした人は自分の車がリコール対象になっていないか、調べてみましょう。