×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性に役立つ車情報サイト
TOPへ 車の故障・修理 フロントガラスの飛び石

 

普通に運転しているだけなのに、対向車が跳ね上げた小石がフロントガラスを直撃することがあります。

傷ができたり、ひどい時には蜘蛛の巣のようにヒビが入り、フロントガラスが割れてしまいます。 また、最初は小さな傷だったのに、走行してる間に時間をかけてどんどん大きな傷になっていく場合もあります。

走行に支障をきたすほど傷ついてしまった場合にはフロントガラスを即交換しなければいけません。 フロントガラスを交換するには10万円くらいかかります。

それとガラスを交換したら接着剤が乾くまで丸一日くらい車両を動かすことができません。 


フロントガラスに傷がついていると車検を通らないことがあります。 その場合、フロントガラスの交換か修理しかありませんが、ガラスリペアとよばれる修理方法はディーラーではやってくれません。

ガラスリペアは費用が2〜3万とガラス交換をするよりずっと安く済みます。
しかし以前知り合いがこの方法でフロントガラスを修理したのですが、走行しているうちに傷が出てきて結局ガラスの交換をしました。


それよりも
車両保険に入っているならガラスの交換をオススメします。

本当は石を跳ね上げた相手がわかれば、物損事故として修理してもらえますが、走行中の対向車なんてわかる訳ないですよね。

しかし自分の車両に車両保険をかけている場合、飛び石によるフロントガラスの破損は翌年の等級を下げることなくフロントガラスの交換費用を出してもらえます。

次の年の等級は据え置きになるので、今年と同じ等級ということになります。
この等級据え置きで修理できるのは知らない人も多いですが、等級がよっぽど低い人でなければお勧めです。


費用を心配して粗悪な安ガラスにする必要もないです。
やはり車両保険には入っておくと安心です。