×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性に役立つ車情報サイト
TOPへ 車の保険 長期契約の利点



 

自動車保険の長期契約(複数年契約)というのをご存知でしょうか?

自動車保険は通常1年契約で、無事故なら1等級上がり、事故で保険を使っていたなら3等級下がると1年ごとに等級が変化します。


しかしこの長期契約というのは、あらかじめ3年など契約期間を決めて契約するため、その三年間の間に事故があっても等級は変化しません。

また、三年間の保険料を合計し、それを均等に払っていくので、等級が低い人や自動車保険の新規契約者などにオススメの契約方法です。

わかりやすく言えば毎月の支払いが

一年目 10,000円
二年目 8,000円
三年目 6,000円

の人だとすると三年間毎月8,000円、というような感じです。
一年目の支払いを軽減してくれるのです。 

1年契約よりも割安と書かれていることも多いですが、三年合計して数千円くらいです。 一月に換算すると100〜200円くらい安いというだけです。
金額的には、1年契約でも3年契約でも同じくらい払っていると思っていいです。


また、保険会社によっては契約期間中に事故がなかった場合、満期払戻金が戻ってくる特約もあります。

特約を付けた分、毎月の支払いは高くなりますが、満期の時に戻ってくる金額が大きいので、差し引きすると保険料が安くなります。


契約期間中に事故がなかった場合、次回の契約時に等級が一気に3つ上がります。







  


契約期間中に事故があった場合

長期契約(複数年契約)中に事故があった場合、その契約期間内は等級は変わりません。
普通の1年契約の保険では、事故があった翌年に3等級下がりますが、長期契約の場合、その契約期間中に何回事故があったかによって、次回の等級が決まります。

契約期間中に一回だけ事故があった場合は、次回の契約時には等級が一つだけ下がります。 これが長期契約の利点ですが、2回、3回と事故があった場合は、かなり下がってしまいます。