×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性に役立つ車情報サイト
TOPへ 車の保険 対物超過特約とは

 

対物倍賞責任補償(対物)は聞いたことがあると思います。
500万、一千万、無制限など上限金額が選べて、事故によって相手の車や物を壊してしまったときに支払われる保険のことです。

対物超過特約、対物超過修理費特約、対物差異特約などと保険会社によって呼び名は色々ありますが、普通の対物保障とどう違うのでしょう


対物保険とは、上限金額を自分で決めて加入できますが、何もその金額が全て出るわけではありません。
修理するうえで現在の時価額を上限に、実際にかかった金額が支払われます。

相手の車が古い車だと、時価額は低くなるわけですから、修理しても保険会社から支払われる金額は少ないのです。

相手の車の時価額 20万円  修理にかかった費用40万円

こうなってしまうと対物無制限に入っていたとしても、修理費用には20万円しか出してもらえず、残りの20万円はあなたの負担となります。(あなたに100%過失のある事故の場合です)

そんな時に、この対物超過修理費用特約をつけていれば、対物の時価額を超えた分を払ってくれるのです。
もちろん条件があって、50万円を上限としています。


最近は古い高級車を大事に長く乗る人が多いので、修理費用が時価額を超えてしまうことが多いのです。
この特約を付加してもそんなに保険料は高くならないので、運転が心配な人にはオススメです。








  
対物倍賞保険、こんな場合は支払われない
対物倍賞保険を無制限にして、親の車にぶつけて保険金をもらおう。
そんなアホなことを考える人がたまにいるみたいですが、この対物は被害を被った財物の所有者が身内の場合には支払われません。
逆に言えば、わざとじゃなくても身内の損害は補償されないので、くれぐれも気をつけましょう。