×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性に役立つ車情報サイト
TOPへ 車を買う 新車取得時の税金の種類






















 

新車を買う時には支払わなければいけない税金や料金がいくつかあります。

  • 自動車税
  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • リサイクル料金
金額が大きなものはこのくらいでしょうか。

自動車税
4月1日に車を持っている人を対象に課せられる税金で、毎年春になったら送られてくるあの税金のことです。
新車を買うと、3月までの自動車税を月割り価格で払わなければいけません。
  • 軽自動車 7,200円(軽自動車税)
  • 1000cc以下 29,500円
  • 1000cc以上1500cc以下 34,500円
  • 1500cc以上2000cc以下 39,500円
  • 2000cc以上2500cc以下 45,000円
  • 2500cc以上3000cc以下 51,000円
  • 3000cc以上3500cc以下 58,000円
  • 3500cc以上4000cc以下 66,500円
  • 4000cc以上4500cc以下 76,500円
  • 4500cc以上6000cc以下 88,000円
  • 6000cc以上 110,000円

自動車取得税

取得価格が50万円を超える車を購入する際に課税されます。税率は普通車で5%、軽自動車で3%で、この税金は道路に関する費用に使われます


自動車重量税
自動車重量税はその名のとおり自動車の重さに対して課せられる税金です。自動車購入時や車検時に次の車検までの重量税をまとめて払うことが多いです。


自賠責保険料
正式名称は「自動車損害賠償責任保険」で、自動車に強制的に加入が義務付けられている損害保険のことです。 
一年分でだいたい1万5千円くらいで、車検までの分を収めます
被害者への最低限の補償が目的の保険なので、加害者側は保障されません。そのためみんな任意保険に加入するのですね。


リサイクル料金
自動車を廃車にする時に処理するための料金を先払いしておくものです。
廃車後の不法投棄をなくすことを目的として作られました
料金は車種や型式によって違いますが1万円前後の車種が多いです。
一度支払ってしまえば、新しい車を買うまで払う必要はありません