×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性に役立つ車情報サイト
TOPへ 自動車の装備 鹿児島仕様

 

先日初めて耳にした言葉です。
鹿児島仕様、一体どんな仕様の車なのかと思っていたら、火山灰に対応した装備の車のことみたいです。

火山灰に含まれる物質が金属を腐食するので、車に火山灰が付着したままだと錆びやすいのです。 防錆加工を施したりとサビに強い仕様となっています。

車のバンパー部分や、サイドの部分にモールという部分がありますが、そのモールが防錆加工がされていたり、メッキモールだったりという違いもあります。


鹿児島仕様、火山灰仕様、九州仕様と呼び方は色々あるみたいです。

ちなみに鹿児島仕様であっても、頻繁に洗車をしたほうがいいです。
鹿児島の人は大変なのですね。







フロントガラスに火山灰が積もってもワイパーを動かしてはいけません。
火山灰の中には色々な鉱物が含まれており、ワイパーを動かすことによって、ガラスが傷ついてしまいます。

さらにウォッシャー液を使うと、火山灰が粘土のような状態になってしまうため
 「ウォッシャー液を使うと完全に視界を遮る恐れがあります」
と、高速道路などに張り紙がされているみたいです。
火山灰が降ってる時は車で走るなということでしょうか。

鹿児島に旅行に行く際にはお気をつけください。