×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性に役立つ車情報サイト
TOPへ 自動車の装備 寒冷地仕様

 

寒冷地仕様とは、寒冷地で車を使用することを考慮し、寒さに対応した部品を組み込んだ乗用車に設定される仕様のことです。

北海道、東北地方、信越地方で自動車を買う人は、ほぼこの寒冷地仕様というわけです。
トヨタの北海道地区では寒冷地仕様が標準装備されていますが、その他のディーラーやその他の地域ではオプション装備として設定することができます。

装備が一つ多くついてるわけですから、寒冷地仕様の車のほうが値段は高いです。


寒冷地仕様の主な違いとしては
  • コンピュータの設定
  • バッテリーの容量が大きい
  • 車内ヒーターが高出力
  • スノーワイパー装備とワイパーモーター部の強化
  • 各部オイルの凍結防止強化
  • 防錆性の強化
  • フロントガラス下部の熱線、リアガラスの熱線
わかりやすい部分ではこんな内容です。
雪の降る地域を寒冷地仕様ではない車で走行すると本当に最悪です。

とにかく車内が寒くどんなにヒーターを全開にしても全く温まらないみたいです。
そのうえワイパーが凍りつき動かなくなるなど、走行するうえでも危険です。
その他にも寒冷地仕様ではない車だと窓ガラスやドアが凍り付いて開かないということもあります。

スキーやスノボに行く時は、寒冷地仕様じゃない車で無理して行くよりも、寒冷地仕様のレンタカーを借りるなどして行くことをオススメします。