×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性に役立つ車情報サイト
TOPへ 車検 指定工場と認証工場の違い

 

指定工場と認証工場の違いは車検に関わる検査を自分の工場でできるかどうかの違いです。

指定工場とは運輸省の許可を受け、本来国が行うべき自動車検査業務を代行することができる整備工場のことです。
車検の点検、整備、修理を行ったあとその工場で検査も行えます。

  • 法に定められた自動車検査員がいる
  • 指定工場で継続検査を行うことができる
  • 指定を受けるための設備が必要
  • ある程度の車検の実績が必要
認証工場とは車検の点検、整備、修理を行うことができますが、検査のために陸運支局に車を持ち込む必要があります。
  • 分解整備のあと陸運支局の検査を受けなくてはいけない
  • 車両を陸運支局に持ち込まなくてはいけない
  • 技術的には指定工場とさほど変わりはない

点検、修理のサービスを行っているディーラーは、自動車検査員が工場におり指定工場ということになります。
テレビなどで大々的に車検をCMしているところも、ほとんどが指定工場です。