×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性に役立つ車情報サイト
TOPへ タイヤ タイヤの交換時期

 

タイヤは消耗品のため、ある程度使用したら交換しなくてはいけません。

女性にとっては自分でその交換時期を見極めることは、難しいのではないでしょうか。


タイヤには残り溝が1.6ミリになるとスリップサインと呼ばれる溝が現れるように法的に義務づけられています。

そこまでタイヤが磨り減ってしまったら、もちろん交換しなければいけません。
スリップサインが出たタイヤで走行することは法律で禁止されています。


全体的にはタイヤがほとんど減っていないのに、端っこだけ減ってしまう片減りという状態があります。
この片減りの場合、もったいないからといってそのまま使い続ける人もいますが、一箇所でもスリップサインが出てしまったら交換しなくてはいけません。

片減りする時はホイールとサスペンションの角度を調整したほうがいいでしょう。


あまり走行していないタイヤの場合、溝は残っていますがタイヤはゴムで出来ているので、年数が経つとどんどん硬化していきます。

硬化したタイヤは性能が低下しますし、ヒビ割れしてきます。
まだ溝が残っていても5年くらい経つのなら交換時期と思っていいでしょう。

安い粗悪なタイヤだと5年も持たずにヒビ割れしてきます。

車が安全に走行するのにはタイヤは大切な存在です。
走行中の事故を防止するためにも、溝のないタイヤ、古いタイヤのまま走行せず、新しいタイヤと交換しましょう。


自分で見てわからない場合は、ディーラーや車用品店に行った時に言えば見てくれます。 
その結果、交換時期と言われタイヤを勧められたら断りにくいです・・・

事前にタイヤの価格を調べておいて、ここなら交換してもいいというお店で聞くといいでしょう。